「はじまりの地」

振り返るのが怖くて

気付くのが怖くて

何かから逃れるように歩いてきた

目を閉じ
耳を塞いで

ただ がむしゃらに歩み続けてきたけれど

たどり着いたのは
いつか見た あの日の道

巡り巡って 戻って 来た
はじまりの地へ

進んでみよう
またココから

気がついた時がはじまり

いつだって

“今”がはじまり

「花」

厳しい季節を越えて
その花をひらかせる

雨にさらされ
風に煽られ
太陽に焼かれ

寒さに凍え
暑さに耐え

厳しい季節を越えてきたモノのもつ力
勢いと美しさを乗せて鮮やかに花ひらく

自然の中に生き
あるがまま受けとめて

凛と輝く姿が
教えてくれるもの

「人間だって、自然の一部だよ」

そう言われた気がした


inserted by FC2 system